夏休みと週末のコンサート

 気温差の激しい日が続きますが、皆さまお変わりありませんか.僕は7月末から夏期講習やコンクールの審査、各地のレッスンが続いていました.先週は別の用事で実家にも帰省することができたので体調はまずまずです.
 

 さて、今年から大学院の仕事も引き受けることになり、それに伴ってデュオ・二重奏のレッスンを数年ぶりに担当させていただくことになりました.普段はソロのレッスンでなかなか時間が確保できないため、やむを得ずこの夏休みに集中して行っているのですが、大学院生たちの学ぶ意欲にはほんとうに頭の下がる思いです.
 
 自分の話になりますが、僕は音楽と関わる意義や意味のようなものをこれまで何度も何度も更新しながらどうにかピアノを続けているというのが本音で、傍から見られるほどまっしぐらに音楽人生を歩んできたとは思っていません.にもかかわらず、最近は、レッスンや稽古中に過去を振り返って 「自分は10代、20代にこんなにも大切なことを教わっていたのだなぁ‥」 と実感する機会が増えてきました.まぁだからと言ってあの頃に戻りたいとは思いませんが、より精進を重ねて『いつかは誰かの記憶に残るようなメッセージを伝えられる存在でありたい、そんなふうに考えるようにはなりました.仮にそれが実現できたときに、そこにピアノや音楽があったらいいな、と今は素直に感じています.
 

 遅くなりましたが明後日、8月19日(土)のコンサートのご案内をさせていただきます.ピアノフォルテ上大岡にて毎月行っているエキスパートレッスンの受講生による発表会、そして僕のリサイタルを開催させていただきます.チケットのご予約はピアノフォルテ上大岡にお問い合わせいただければ幸いです.今回はハイドン、ドビュッシー、リストと長く演奏している作品をあえて選びました.当日はお話を交えながらお聴きいただきます.

 
ウェブサイトのスケジュールも併せてご覧いただければ幸いです.

 
川村文雄オフィシャルウェブサイト
 
20170819

 

 それでは皆さまのお越しをおまちしております.

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

3 Comments »

 
  • Aya より:

    こんにちは。

    お盆も終わり、また日常の生活に戻りました。
    今年の夏は猛暑と言われていましたが、お盆中は雨の日が多く、気温もそれ程高くなく、まるで梅雨に逆戻りしたかのような感じでした。
    それでも今日はまた夏空が戻り、こちらは暑いです!

    この夏もお仕事で色々とご活躍の様子ですね^^
    夏期講習、コンクールの審査等々、本当にお疲れさまです。
    忙しい中、ご実家にも帰ることが出来て良かったですね!
    少しは息抜き出来ましたでしょうか・・・☆

    今日は上大岡で発表会&リサイタルですね♪
    今は発表会の真っ只中だと思います。
    受講生の皆さんが普段の練習の成果を十分に発揮出来ますように・・・。
    そして、川村さんのリサイタルが素晴らしいひとときとなりますように・・・。
    成功をお祈りしています!アヤ

  • りえ より:

    この前はレッスンをしてくださりありがとうございました。。

    今日はじめて先生のリサイタルを聴きました。鳥肌が立ちました。
    日本にこんなすごい方がいるなんて思ってなくてびっくりしました。

    わたしも先生のようになりたいです!!

  • ちゃま より:

    こんにちは。

    発表会では改めてお疲れさまでした!
    今日の予約は運よく無事にできましたv( ̄Д ̄)v。。

    “継続は力なり”と言いますけれど、
    続ける、続けていく、というのは意外と本当に大変なことですから、
    先生の言っている「音楽と関わる意義や意味のようなものを〜何度も更新しながら〜」というのが、
    よく分かる?想像できます。

    私自身、ピアノが弾きたくなくてどうしようもなくて…それでもピアノの下にぶっ倒れて、ピアノの椅子につかまって一日横たわって過ごしたりもしていました。。

    もうすぐ地元でコンサートですね(^_^)、、

    大活躍してくださいね!!

 

コメントを残す

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">