Latest Publications

元気にやっています

 約2ヶ月半ぶりの更新です、皆さまお変わりありませんか.僕は相変らずです.
 
 仕事は、それはそれはたくさんあります.ここしばらくは移動中の読書を除いてこれといった趣味も娯楽もなく、新聞やネットニュースも、気が散るためまったく見ていません.まるで修行僧のような生活です、、苦笑
 
 正直、今のペースでさらに仕事が増えると来年度はいったいどうなってしまうのだろうと、時になんとも言えない不安に絡めとられそうになることがなくはないのですが、今やらなければならないことで手いっぱいですから、それに苛まれることもありません ― 言ってみれば、そのような漠然とした心配事に付き合う暇もないということなのでしょうが、果たしていいのか悪いのか‥
 

 或いはしかし、不惑を迎えて、ようやく自身の生き方が定まってきたのかも.でも、こんなふうにマジメに書くと、いかにも自惚れているみたいで嫌な感じですね、、笑 まぁ、要するに、いい意味で諦めがついたのかなと.
 
 そういえば父親もその昔、似たようなことを語っていました ― その頃の父は今の僕より7, 8年ほど年を重ねていました ― 今となっては古い思い出というか、もはや記憶の一つに過ぎませんが、当時、僕のせいで両親の憩いの時間が奪われてしまうことに対しとても申し訳ない気持ちを抱いていたのでよく覚えています.
 
 そんなわけで、ごちゃごちゃ書いていますが、とにかく、元気にやっています.

 

 さて、しばらくブログ更新をご無沙汰してしまったので、8月末から10月の出来事を振り返りつつ、来年3月までの主な予定を書かせていただきます.
 
 8月後半からは主にコンクールの審査や特別レッスン、講座などがありました.後に触れますが、第72回 全日本学生音楽コンクール 東京大会では、桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室の在室生・高校生等が大健闘.室長を務める仙台教室の教室生も本選進出を果たしました.また、今年は第87回 日本音楽コンクールピアノ部門でも桐朋生が活躍しましたが、こうして後輩たちが一生懸命頑張っている様子は僕にとっても大きな励みになります.
 
 9~10月にかけては、主に教育活動が充実しましたが、今年は(公財)日本ピアノ教育連盟の講座・公開レッスンを仙台東京の2カ所で計3日間、開催させていただきました.ちなみに10月は仙台教室の室長レッスンも含めて毎週のように仙台に赴きました.個人的に仙台は肌に合うというか、行くと必ず元気になって戻って来れるので、何度も足を運べて嬉しかったです.
 
 また、地元福井では9月8日(土)に美浜町のなびあすホールで行っているポルタ・デ・ファツィオリ事業のオータムコンサート、9月9日(日)には、NPO法人ふくい子どものための音楽教室にて特別レッスンを開催させていただきました.あわただしい滞在となりましたが、熱心に励む生徒さんや先生方と共に学ぶことができて良かったです.
 

 さて、ここからは今後の予定や桐朋学園の関連するコンサートをご紹介させていただきます.年明けはコンサートがあと2つ3つ増えると思いますが、そちらは改めてご案内させていただきます.尚、出演する演奏会の詳細についてはオフィシャル・ウェブサイトを合わせてご覧ください.

 

【今後の予定 2018年11月~2019年3月末】
 
・2018年11月11日(日)@パレア若狭 音楽ホール(福井)
 川村文雄ピアノリサイタル

 
20181111
 
 ※一部完売となっております、残件のお問い合わせは各プレイガイドにお願いいたします.
 

・2018年11月18日(日)@桐朋学園大学附属子供のための音楽教室 市川教室(千葉)
 桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室 市川教室 特別レッスン

 

・2018年11月23日(金・祝)@桐朋学園大学 仙川キャンパス 333室(東京)
  翔け!未来への饗演
 ~第72回 全日本学生音楽コンクール東京大会 入賞者による

 
20181223
 
 ※昨年度から始動した桐朋学園大学ピアノ部会主催の桐朋 木の香りコンサートはお陰様で
  全学的に広がっています.コンサート委員として今後もさらなる発展のために尽力します.
 

・2018年11月26日(月)@桐朋学園大学 仙川キャンパス 333室(東京)
 桐朋学園音楽部門 ファカルティコンサート

 
20181126
 
 ※昨年に引き続き、今年も出演させていただきます.今年度より専任になられた素晴らしい
  ソリストの先生方とデュオやトリオでご一緒させていただきます.
 

・2018年12月2日(日)@サントリーホール ブルローズ(東京)
 第100回 桐朋学園室内楽演奏会

20181202a 20181202b

 
 ※桐朋学園が世界に誇るアンサンブル、その記念すべき第100回の演奏会です.
  今年度より桐朋学園室内楽運営委員会の委員長を務めさせていただいておりますので
  この機会に皆さまに桐朋の圧倒的なアンサンブル力を堪能していただければ幸いです.
 

・2018年12月9日(日)@大野ピアノメソッド 御茶ノ水教室サロン(東京)
 大野ピアノメソッド 川村文雄特別講師による公開マスタークラス

 
 ※大野眞嗣先生が主宰するピアノ教室のマスタークラスです.
  今回のレッスン受講募集は定員に達したため締め切っております.
 

・2018年12月25日(火)、26日(水)@桐朋学園大学 調布キャンパス(東京)
 桐朋学園大学 冬期講習

 
 ※今年度は冬期講習でも実技レッスンが受講できます.詳細はお問い合わせください.
 

・2019年1月12日(土)@カワイ表参道コンサートサロン 『パウゼ』(東京)
 川村文雄門下生によるクラスコンサート vol. 10

 

・2019年1月19日(土)@なびあす 美浜町生涯学習センター(福井)
 平成30年度 ポルタ De ファツィオリ ~音をたのしみ 明日をひらく~レッスン(3)

 
・2019年1月26日(土)@ヤマハミュージック ピアノフォルテ上大岡サロン(神奈川)
 ピアノフォルテ上大岡 エキスパートレッスン 2018′ vol. 10

 
 ※今年度最後の3回の募集となります.お申し込み・お問い合わせが多いため、
  詳細はピアノフォルテ上大岡のホームページにて掲載させていただきます.
  個別のお返事は致しかねますのでご了承ください.
 

・2019年1月27日(日)@桐朋学園大学附属子供のための音楽教室 大阪教室(大阪府)
 桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室 大阪教室 特別レッスン

 

・2019年2月3日(土)@なびあす 美浜町生涯学習センター(福井)
 平成30年度 ポルタ De ファツィオリ ~音をたのしみ 明日をひらく~レッスン(4)

 

・2019年2月8日(金)、9日(土)@NPO法人ふくい子どものための音楽教室(福井)
 NPO法人ふくい子どものための音楽教室特別レッスン

 

・2019年2月23日(土)@ヤマハミュージック ピアノフォルテ上大岡サロン(神奈川)
 ピアノフォルテ上大岡 エキスパートレッスン 2018′ vol. 11

 
 ※今年度最後の3回の募集となります.お申し込み・お問い合わせが多いため、
  詳細はピアノフォルテ上大岡のホームページにて掲載させていただきます.
  個別のお返事は致しかねますのでご了承ください.
 

・2019年2月24日(日)@桐朋学園大学附属子供のための音楽教室 仙台教室(宮城県)
 桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室 仙台教室 室長レッスン

 

・2019年3月3日(日)@なびあす 美浜町生涯学習センター(福井)
 平成30年度 ポルタ De ファツィオリ ファイナルコンサート

 
 ※ゲストに実力派の菊池秀夫さん(Cl)、野原広子(Vo)をお迎えして
  デュオやトリオをお楽しみいただく予定です.
 

・2019年3月9日(土)@ヤマハミュージック ピアノフォルテ上大岡サロン(神奈川)
 ピアノフォルテ上大岡 エキスパートレッスン 2018′ vol. 12

 
 ※今年度最後の3回の募集となります.お申し込み・お問い合わせが多いため、
  詳細はピアノフォルテ上大岡のホームページにて掲載させていただきます.
  個別のお返事は致しかねますのでご了承ください.
 

・2019年3月16日(土)@桐朋学園大学附属子供のための音楽教室 仙台教室(宮城県)
 J&プレクラス コンサート

 

 それでは、またどこかの公演で皆さまにお目にかかれることを楽しみにしています.

 

随想(4)プラハ ― 音楽との関わり方

 おかげさまで、昨夜遅く無事に日本に帰国することができました.プラハを経つ直前には思いがけず風邪をこじらせましたが、怪我の功名で、今のところ時差ボケはなさそうです.
 

 さて、プラハの思い出は書ききれないほどたくさんありますが、今回のもっとも大きな収穫はと聞かれれば、真っ先に良き理解者との出逢いを挙げたいと思います.それは師匠といった類のものではなく、呑み友達、もとい、旧知の友人といった感覚で、一つ話せば十を理解してくださるような方でした.
 
 ちなみにお話した内容は、プラハで新たに学んだというより元からあった自身のポリシーに関連するものが中心でしたが、異国でそれらを分かち合えたことは、僕にとってとても心強く感じられました.また、対話を重ねていく中で再認識できたこともあったので、以下にまとめて書き記しておこうと思います.
 

 3年前のエントリー「なぜ音楽をするのか」でも似たようなことに触れましたが、自身の気持ちに素直に書くと、僕は音楽をすることによって世俗的な幸福を手に入れようと躍起になること、もっと卑近な例でいうと「集中力がつく」、「頭がよくなる」、「コミュニケーション力がアップする」といった実利を安易に求める価値観には積極的に賛同しません.なぜなら、それらはあくまで副次的なものにすぎないからです.音楽を通して音楽そのもので満たされるというより、それを利用して何か別の目的を果たすことが主題になってしまう ― そもそも、そのような「取引」をするのであれば、もっと効率の良いものがあるのではないかとさえ思います.
 
 しかしながら、残念なことに、僕が音楽教育に携わるようになってこの10年余りの間に、音楽を学ぶという行為が上記のような目的を達成するための「手段」として捉えられる傾向がますます強くなってきているように感じます.そうなれば、もはや音楽を学ぶために必要な努力や時間、費用といったものが、コンクールの成果や社会的成功(地位や経済的報酬)を回収するための「投資」になってしまうことは自明で、結果的に音楽難民 ― 自身の中にある音楽を見つけられないまま彷徨ってしまうという意味の造語 ― を増やしてしまうのではないかと危惧しています.
 
 ただ、誤解をされるといけないので補足しますが、僕は決して「音楽で何かを目指すことが悪い」と言っているのではありません.(みんなが参加しているからではなく)自己の向上のためにコンクールにチャレンジすることは後々の糧になり得ます.また、演奏のスキルを身に付けるために(周囲から見られる自分にとってのプラスアルファではなく)本質を学ぶ ― この場合は「本来の役割」という意味 ― に値する専門機関や指導者の下で研鑽を積むことが有益であることは言うまでもありません.
 
 それに付随して述べると、「音楽との関わり方」が人によってさまざまだということは重々承知をしています.僕は「これが正しい音楽だ」とか、「自身のやっていることこそ本物でそれ以外は間違いだ」といったことは考えたこともありませんし、既に述べましたが、あくまで否定ではなく、それらに一定の理解を持ちつつも、積極的に賛同しないというスタンスです.これは音楽以外のシーンでも常に気を付けていることなので、くどいようですがあえて書かせていただきます.
 

 また、現代社会における音楽家と社会との関わり方についても(文集 もぐら 『音楽家からのメッセージ』 より を参照)、いろいろお話をさせていただきました.これもまた、言ってみれば「人の数だけある」ということですが、音楽家も日々、成長や後退を繰り返しながら変化をしていくので、今の僕にとっては社会とのかかわり方も常に試行錯誤の連続です.少なくとも音楽を続ける限りは一生ついて回る答えのないテーマだとも今は思っています.
 

 そして、今回もっとも強く共感したことを書いて今回のプラハの随想を終わりにしたいと思います.それは、日頃から自身が「何になりたいか」ではなく「何ができるのか」をよく見極めること.そして、(他者だけでなく)自身の心をきめ細かく観察し、その機微を察することです.容易なことでないことはわかっていますが、この先、あとに続く世代の教え子たちにそれを少しでも伝えられるよう精進したいと思います.
 

 最後になりましたが、言葉で言い尽くせないほどの有意義な時間を与えてくれたプラハの日々、スタッフ・受講生の皆さん、そして良き出逢いに心から感謝しています.有り難うございました.

 

ほぼ毎日通ったトラムの駅前、スターバックスもありました.

kawamurafumio_20180818a

 

旧市街の広場の一角を上から見下ろした写真

kawamurafumio_20180818b

 

随想(3)プラハ ― 五感で感じるプラハ

 早いもので、プラハに滞在してから1週間が経ちました.今夜はサマー・アカデミーの受講生による発表会があり、明日にはここを離れます.
 

 さて、先日も書きましたが、日本では考えられないほど時間があるので、この数日は読書やランニングがすいぶん捗りました.特に朝のランニングは、ひんやりとした空気もさることながら、石畳が返してくる刺激が足にとても心地よかったです.
 
 ところで、プラハは「世界でもっとも美しいと街」と讃えられていますが、午後になると名所と呼ばれるスポットはどこもかしこも人で賑わいます.そのような意味ではいわゆる「観光地」ですが、少し距離を置いて眺めると、建物の様式や色あいにてらいのない統一性があることがわかります.さらに、夜の街灯も大変穏やかなので、日本とくらべると眼の疲れ方が格段に違います.
 
 また、個人的に嬉しいのは、街に音楽が流れていないことです.スーパーやカフェに入っても、聞こえてくるのはせいぜい人の声やレジの音くらい ― もっとも、日本のように、BGMが当たり前に流れている国を僕は他に知らないのですが ― 念のため普段使用している耳栓を持ってはきましたが、このまま使用せずに済みそうです.
 
 「食」については、人によって好みが分かれるとは思いますが、チェコのビールは水よりも飲みやすいです.「ジョッキ一杯(500ml程度)は酒を飲んだうちに入らないからカウントすべからず」と仰る方がおられましたが、僕もまったく同感です.また、チェコ料理はこってりしていますが、スパイシーではありません.肉料理が多いので、大手を振ってとまではいきませんが、毎日肉を食べても日本のように罪悪感を抱くことはありません.ただ、葉物の野菜の種類が少ないのは少々残念でした.
 

 他にも乾いた空に鳴り響く教会の鐘の音など、理屈を抜きにうつくしいもの、興味の尽きないものがここプラハにはたくさん溢れています.その一つ一つに気づきをもって、今、ここに展開している《自分》をありありと感じられることを本当に有り難く思います.そして、しばらく忘れていた「感動とは(頭でではなく)五感を通して感じるもの」という言葉の深みをあらためて実感しています.

 

コンサートも無事に終わりました、有り難うございました

kawamurafumio_20180813b

 

随想(2)プラハ ― 清らかなゆるさ

 プラハのサマー・アカデミーに来て最初に驚いたのは、「明日のことは明日にならないとわからない」ということ.逆に言えば「当日になればわかる」ということですが、要するに、「あらかじめ決められたこと」が非常に少ないのです.
 
 そればかりか、当日の会場やスケジュール変更等もざらにあり ― 練習中に(予約されているはずの)部屋をいきなり追い出されることもあります ― それに対していちいち「誰の責任だー!」なんて目くじらを立てていたら、とてもじゃないけど身がもちません笑.実際問題、誰が悪いわけでもなく、ある意味お互い様なので、そんな時は「Is that so ?」と受け流して譲り合ったり、気分を変えてカフェで読書をすることにしています.
 
 サマー・アカデミーの仕事を始めて3日目ですが、不思議なことに、この何とも言えない「清らかなゆるさ」が心地よく感じられるようになってきました.
 

 離れてみるとよくわかりますが、今の日本には、山のようにある「あらかじめ決められたこと」をきっちりこなすことを重んじる風潮がそこここにあるように感じます.仕事ならいざしらず、若い学生たちを見ていると、彼ら彼女たちの音楽やライフスタイルの中にまで、暗黙の「あらかじめ決められたこと」が溢れているように思えてなりません.
 

 もっとも、かといって、僕はここでどちらが道徳的に正しいかとか、結果的に生産性が高いかということを問いたいわけではありません.そのような相互排他的な議論は、多くの場合、虚しい結果を導くからです.ただ、ここプラハで、日本の教え子たちの生き生きとした表情や伸び伸びとした演奏を目の当たりにし、文化や慣習の異なる場所へジャンプする(死語)のも悪くないもんだなと、今しみじみと感じています.
 

 今夜は、コンサートに出演させていただきます.それこそ演奏曲と会場入りの時間以外は何も知らされていないのですが笑、せっかくの機会なので愉しんで演奏してきます.
 

こちらは学校のレッスン室

kawamurafumio_20180811

 

丘の上から見下ろしたの街の景色

kawamurafumio_20180812

 

今夜のコンサートのポスター

kawamurafumio_20180813

 

随想(1)プラハ ― 局面が変わるきっかけ

 現地時間で8月10日(金)17時頃、プラハ国際空港に着きました.ゲートをくぐって空港の外に出た瞬間、空気がぜんぜん違うことにハッとして ― あくまで個人的な印象ですが、東京がざらついて粉っぽい感じだとすると、ヨーロッパの空気はすっきり、さらさらとしています ― それまでずっと張りつめていた気持ちが一気にほぐされていくのがわかりました.
 

 実を言うと、日本を経つ数日前から休みを取っていたのですが、それまでに溜め込んでいたストレスが一気に放出したことと、自分の力ではどうすることもできない、つまり「不運」としかいいようのない出来事が重なり、一時は「心がバラバラになってもプラハに行くか、信用を失ってでも断念するか」と真剣に悩みました.そんなこんなで、フライト中は最近すこし気になっている禅僧の言葉を思い出して涙が止まらなくなったり ― 今思うと周囲の人たちにはあり得ないくらい滑稽な姿に映っていたに違いありません ― かと思えば、身体が石のようにピクとも動かなくなったり‥
 

 でも、今は思い切って日本を離れてよかったと思っています.最初にも書きましたが、ここへ来て、空気が違うということと、それに心が動かされていることに気がつくことができたからです.それは同時に、単に空気そのものが異なっているという事実だけでなく、「空気」という言葉や概念でもって、なんとなく理解したつもりになっていた(凝り固まった)認知のまとまりに、流動性が出てきたということを示しています.
 
 当たり前といえば当たり前、むしろ当たり前すぎて気にも留めていないというのが正直なところですが、音楽で言えば、たとえば「ド」という音にさまざまなピッチや響きの性質、方向性があるように、「空気」にもいろいろな空気があります ― こんなふうに、ただの当たり前でしかなかったことに対し、それまでにないリアリティを見出した時、まるでチャンネルが切り替わったかのごとく目の前に広がる景色が鮮やかに色づくものなのかもしれません.
 

 今日は午後のレッスンとあさってのコンサートのための練習を終え、少し街を歩きました.まだ2日目ですが、プラハの町は僕の肌に合うようです.うまく言えませんが、今回の滞在が人生の局面を変えるきっかけになるといいなと思います.
 

 こちらに居るあいだは時間にもゆとりがあるので、日々の出来事、感じたことを、久しぶりに随想として書き綴っていこうと思います.
 

 それでは、また.

 

滞在しているホテルからの眺め

 
kawamurafumio_20180811
 

2018年8~12月の予定

 暑い日が続いていますが皆さまいかがお過ごしですか.僕はようやく大学の前期が終わり、数日後のプラハに備えて一息ついています.
 

 さて、長らくスケジュールを更新できずにいたので、これから年末にかけての主な予定(コンクール審査等を除く)をまとめてお知らせいたします.尚、各イベントの詳細はオフィシャルサイトのスケジュールをご覧ください.
 

2018年8月23日(木)13時00分~
@桐朋学園大学 調布キャンパス(東京・調布市)
桐朋学園大学 夏の学校見学会

 
20180823
 

2018年8月24日(金)13時00分~
@桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室 大阪教室(大阪・大阪市)

桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室 大阪教室 特別レッスン

 

2018年8月25日(土)13時00分~
@ヤマハミュージック ピアノフォルテ上大岡サロン(神奈川・横浜市)
川村文雄門下生発表会&川村文雄ピアノリサイタル

20180825

 

2018年9月8日(土)
@美浜町生涯学習センター なびあすホール(福井・美浜町)
平成30年度 ポルタ De ファツィオリ オータムコンサート

 

2018年9月9日(日)9時00分(予定)~
@NPO法人ふくい子どものための音楽教室(福井・福井市)
NPO法人ふくい子どものための音楽教室特別レッスン

 

2018年9月22日(土)10時00分~
@ヤマハミュージック ピアノフォルテ上大岡サロン(神奈川・横浜市)
ピアノフォルテ上大岡 エキスパートレッスン 2018′ vol. 7

 

2018年9年29日(土)11時00分~
@山野楽器 仙台店 8階 イベントスペース(宮城)
第35回 JPTAピアノ・オーディション予選課題曲をめぐって 公開レッスン
 
20180929

 

2018年9月30日(日)10時00分~
@カワイミュージックショップ 仙台 4階 ホール(宮城・仙台市)
第35回 JPTAピアノ・オーディション予選課題曲をめぐって 公開講座
 
20180930

 

2018年10月7日(日)11時00分~
@銀座山野楽器(東京・中央区)
第35回 JPTAピアノ・オーディション予選課題曲をめぐって 公開レッスン

 

2018年10月21日(日)
@桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室 仙台教室 (宮城・仙台市)
桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室 仙台教室 室長レッスン

 

2018年10月27日(土)10時00分~
@ヤマハミュージック ピアノフォルテ上大岡サロン(神奈川・横浜市)
ピアノフォルテ上大岡 エキスパートレッスン 2018′ vol. 7

 

2018年11月11日(日)13時30分~
@パレア若狭 音楽ホール(福井・若狭町)
川村文雄ピアノリサイタル
 
20181111

 

2018日11月18日(日)
@桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室 市川教室 (千葉・市川市)
桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室 市川教室 特別レッスン

 

2018年11月25日(日)10時00分~
@ヤマハミュージック ピアノフォルテ上大岡サロン(神奈川・横浜市)
ピアノフォルテ上大岡 エキスパートレッスン 2018′ vol. 8

 

2018年11月26日(月)18時30分(予定)~
@桐朋学園大学仙川キャンパス333室(東京・調布市)
桐朋学園大学ファカルティコンサート

 

2018年12月25日(土)10時00分~
@ヤマハミュージック ピアノフォルテ上大岡サロン(神奈川・横浜市)
ピアノフォルテ上大岡 エキスパートレッスン 2018′ vol. 9

 

 ところで、お問い合わせの多いエキスパートレッスンですが、毎回多くのキャンセル待ちが出るため、今年度より受付は先着順ではなく抽選とさせていただくことになりました.こちらのお申し込み期間や詳細はヤマハミュージックピアノフォルテ上大岡上にてお知らせさせていただきますのでご了承ください.

 

 それではまたコンサートなどで皆さまにお目にかかれることを楽しみにしています.

 

『情報たら福 ~いこっさ!きこっさ!~』ダイジェスト放送

 今夜、18時10分~19時00分に放送されるニュースザウルスふくい(NHK福井放送局)で『情報たら福 ~いこっさ!きこっさ!~』のダイジェスト(録画)が放映されます.
 

ご興味のある方は是非ご視聴ください.

 

kawamurafumio_20180706

 

NHK福井放送局ラジオ出演のお知らせ

 明日から7月ですね、皆さまお元気ですか.僕は相変わらずいっぱいっぱいで今月も気の休まる時間はあまり取れませんでしたが、おかげさまで仕事は充実しています.
 

 ところで、7月6日(金)午後5時05分~5時55分にNHK福井放送局ラジオ第1放送にて放送されます生放送番組、『情報たら福 ~いこっさ!きこっさ!~』にゲストとして出演させていただきます.生演奏もありますのでお聴きになれる方は是非.
 

 暑い日が続きますので皆さまもどうぞ体調にお気をつけてお過ごしください.
 
 

 今年度最初のポルタ・デ・ファツィオリ@なびあすホール

kawamurafumio_20180614

 

 桐朋学園で担当している大学院生によるコンサート@ヤマハピアノフォルテ上大岡サロン

kawamurafumio_20180624

 

 同郷のソプラノ歌手、野原広子さんと初の東京コンサート@リヴァ・デリ・エトゥルスキ

kawamurafumio_20180629

kawamurafumio_20180629b

 

 

諸々ご案内

 ブラームスを終えたら少し一息ついて‥という目論見は見事に外れたようです.むしろ公演が終わるのを待ちわびていたかのような容赦のない日々 ― たまに美しい瞬間もあるけれど、時というのは自分が思っている以上に残酷なんだなぁと、、苦笑
 

 さて、しばらく更新をしていなかったのですが、まとめて近々の催し物(非公開の特別レッスン、マスタークラス等を除く)のご案内をさせていただきます.尚、ブログに取り上げているもの以外にも、ウェブサイトでアナウンスをしているものもございますので、そちらも併せてご覧いただければ幸いです.

 

2018年6月17日(日)9時00分~@美浜市生涯学習センターなびあす(福井県・美浜市)
平成30年度 ポルタ De ファツィオリ ~音をたのしみ 明日をひらく~レッスン(1)
 
昨年に引き続き、本年度も4回の公開レッスンと2回のコンサートを行います.尚、今回は定員10名のところ、県内外より20名の方がご応募くださいました.厳正な書類審査を行いましたが、今年度の受講ができない皆さまには是非、またの機会のご応募をご検討いただきたく存じます.もちろん、レッスンの聴講は大歓迎です.
 

平成30年度 ポルタ・デ・ファイツィオリa

 

2018年6月20日(水)18時30分~@くすのきホール(東京都・調布市)
桐朋学園大学 第99回 室内楽演奏会
 
今年度より桐朋学園大学の室内楽運営委員会の委員長を兼務させていただくことになりました.私にとっては委員長としての初めての公の仕事です.それはともかく、桐朋のハイレヴェルなアンサンブル力を是非この機会にお楽しみください.記念すべき第100回の演奏会は12月2日(日)、サントリーホールブルーローズを予定しております.
 
お問い合わせ:桐朋学園大学音楽学部 事務局演奏課
Tel:03-3307-4158 E-mail:das_konzert@tohomusic.ac.jp
 

 

6月24日(日)15時00分~@ピアノフォルテ上大岡 サロン(神奈川県・横浜市)
桐朋学園大学大学院 Fresh Concert (指導・川村文雄)
 
いつもお世話になっているヤマハミュージック ピアノフォルテ上大岡サロンにて、桐朋学園大学大学院生によるコンサートが開催されます.出演者は昨年度の二重奏、デュオソナタで僕のレッスンを受講してくれた、鈴木愛さん(Pf)、中津川祥平さん(Pf)篠村友輝哉さん(Pf)、金子昌憲さん(Vl)、そして今年度桐朋学園大学大学院に入学をした生徒の比嘉洸太(Pf)、以上の5名です.ご予約はウェブサイトのお問い合わせからも受け付けます.お席に限りがございますのでお早めにお願いいたします.
 

20180624

 

2018年6月29日(金)18時30分~@リストランテ・エノテカ・エトゥルスキ(東京・港区)
Dinner Concert ~ルネサンスを生んだトスカーナ料理とベルカントの妙なる調和を~
 
以前よりディナーコンサートなどでお世話になっている青山のイタリアンの名店、リストランテ・エノテカ・エトゥルスキにて同郷の実力派ソプラノ歌手、野原広子さんと共に一夜限りの素敵な催し物を企画させていただきました.50名様限定ですが、6月1日時点でお席は残り数席となっております.ご興味のある方はお急ぎください.
 

20180629a 20180629b

 

2018年7月1日(日)時間未定@桐朋学園大学音楽学部附属 子供のための音楽教室仙台教室
桐朋学園大学音楽学部附属子供たちの音楽教室仙台教室 室長レッスン
 
昨年度より室長を務めさせていただいている桐朋学園大学音楽学部附属 子供のための音楽教室仙台教室の室長レッスンのご案内です.教室生以外の方もお申し込みいただけますので詳細は教室のほうまでお問い合わせください.

20180701

 

 今月もまた賑やかになりますが、各地で皆さまにお目にかかれることを楽しみに頑張ります.

 
 

有り難うございました

 本日の「ブラームス、そしてブラームス」、お蔭様を持ちまして終えることができました.
 

 まだ演奏を振り返る気にはなれませんが、ゲネプロから終演後、そして打ち上げに至るまで、本当に多くの方々に支えられて今の自分があるということを身に染みて実感しました.
 

 今回のコンサートに関わったすべての皆さま、そして、お越しくださった皆さまにあらためて御礼申し上げます.有り難うございました.

 

kawamurafumio_20180527