Latest Publications

夏休みと週末のコンサート

 気温差の激しい日が続きますが、皆さまお変わりありませんか.僕は7月末から夏期講習やコンクールの審査、各地のレッスンが続いていました.先週は別の用事で実家にも帰省することができたので体調はまずまずです.
 

 さて、今年から大学院の仕事も引き受けることになり、それに伴ってデュオ・二重奏のレッスンを数年ぶりに担当させていただくことになりました.普段はソロのレッスンでなかなか時間が確保できないため、やむを得ずこの夏休みに集中して行っているのですが、大学院生たちの学ぶ意欲にはほんとうに頭の下がる思いです.
 
 自分の話になりますが、僕は音楽と関わる意義や意味のようなものをこれまで何度も何度も更新しながらどうにかピアノを続けているというのが本音で、傍から見られるほどまっしぐらに音楽人生を歩んできたとは思っていません.にもかかわらず、最近は、レッスンや稽古中に過去を振り返って 「自分は10代、20代にこんなにも大切なことを教わっていたのだなぁ‥」 と実感する機会が増えてきました.まぁだからと言ってあの頃に戻りたいとは思いませんが、より精進を重ねていつかは誰かの記憶に残るようなメッセージを伝えられる存在でありたい、そんなふうに考えるようにはなりました.仮にそれが実現できたときに、そこにピアノや音楽があったらいいな、と今は素直に感じています.
 

 遅くなりましたが明後日、8月19日(土)のコンサートのご案内をさせていただきます.ピアノフォルテ上大岡にて毎月行っているエキスパートレッスンの受講生による発表会、そして僕のリサイタルを開催させていただきます.チケットのご予約はピアノフォルテ上大岡にお問い合わせいただければ幸いです.今回はハイドン、ドビュッシー、リストと長く演奏している作品をあえて選びました.当日はお話を交えながらお聴きいただきます.

 
ウェブサイトのスケジュールも併せてご覧いただければ幸いです.

 
川村文雄オフィシャルウェブサイト
 
20170819

 

 それでは皆さまのお越しをおまちしております.

 

手を抜かないこと

 一昨日は三代目 日本青年館竣工記念コンサートに出演させていただきました.関係者の方にお話を伺うと日本青年館ホールはクラシック音楽以外にもさまざまな用途で使用できるとのことでしたが、アコースティックの微細な響きが会場の隅々まで行きわたる素晴らしい音響でした.
 
kawamurafumio_20170722 kawamurafumio_20170723a kawamurafumio_20170723b
 

 ところで、今回の演奏会に推薦してくださった指揮の河地良智先生とは7年来のお付き合いで、今回が4度目の共演でした.かつて先生から初めてお電話をいただいた時、開口一番「僕は所属や立場や年齢は気にしないけど、とにかく真剣に音楽ができる人を探している」と切り出されたことは今でも強く印象に残っています.
 

 『どんな仕事でも手を抜かないこと』 ― これは河地先生に最初にお会いした頃にいただいたアドヴァイスです.シンプルながらも、当時の僕にとってこの言葉はとても重く響きました.その後、それを実践することの苦しさを身を持って経験し、今、ようやくその苦しみに見合うだけの価値を実感するに至ったように思います.そうした意味でも先生には心から感謝をしています.
 
kawamurafumio_20170723c
 

 先週、おかげさまで無事に39歳を迎えました.家族だけでも有り難いのに、たくさんの方からお祝いをしていただき、とても恐縮しています.これからも人との繋がりを大切にし、与えられたつとめを果たせるよう精進します.

 
 

近況など

 早いもので7月も半ばを過ぎました.最近はシジュウカラのさえずりが以前のように聞かれなくなりましたが、かわりにセミの鳴き声がちらほらと聞こえます‥今年はどんな夏になるのやら.
 

 さて、今月は神奈川県立弥栄高校にはじまり、美浜町生涯学習センターなびあす、桐朋学園仙台教室、ピアノフォルテ上大岡にて公開レッスン・特別レッスンを行いました.幸か不幸かわかりませんが、ちょうど同じ時期に大学・高校の前期実技試験、桐朋コンペティションの審査が重なったこともあって、この2週間はいつにも増してあっという間に過ぎ去った気がします‥

 

桐朋学園 仙台教室の特別レッスンの様子

awamurafumio_20170716
 

 ところで、7月23日(日)に開催される 三代目 日本青年館竣工記念コンサートですが、こちらは全席指定のご招待で、既にお席が満席となっております.申し訳ございません.尚、他の公演につきましては随時ウェブサイトにて更新して参りますのでそちらをご覧いただければ幸いです.
 

 今週も暑い日が続きそうです、くれぐれもご自愛ください.
 

ライフステージ

 ライフステージという言葉があるように、人生にはさまざまな 「段階」 があり、その都度生きていくうえでの心構えのようなものを更新していかなければならない ― うまく言えませんが、しみじみそう感じるようになりました.今読んでいる本にも 「3年もすれば人は変わる」 と書かれていますが、本当にそう思います.
 

 さて、先週の金曜日、ようやく門下の新入生歓迎会を行うことができました.こんなに遅くなってしまって学生たちには申し訳なかったのですが、今年は何から何まで大学3年生が自主的に動いてくれて頼もしかったです.
 
kawamurafumio_20170623
 
 ちなみに、僕が大学の頃はどんな学生だったかという質問があったのですが‥突然聞かれると案外思い出せないものです.冷静に振り返ると、桐朋生時代はとにかく毎日自分のことで精一杯で、友だちもほとんどいなくて、楽しいキャンパスライフとはほぼ無縁だったように思います.というか卒業後も含めて、僕の20代はうんと辛かったのです、、笑 まぁそれがあったからこそ、今の仕事がどうにかこなせているのかもしれませんが.
 
 話を戻すと、今担当させていただいている学生たちを見ていると ― それぞれに悩みを抱えたり、もがき苦しんではいますが ― 先輩後輩といった堅苦しい上下関係を越えて皆よく協力し合っているなと感心します.きっと彼、彼女たちなりにこれからの自身がどう歩むべきかを真剣に考えているのだろうと思います.
 

 最近では 「音大に行ってもつぶしが利かない」 というネガティブなイメージは少しずつ変化してきていると聞きます.僕から見ても、今の音大のカリキュラムをこなしていくためには相当な精神力や人間力が要求されますし、実際、教え子の中には一般の大学に進学した友人が幼く見えると言う子もいます.いい意味で時代が変わってきたのでしょうね.
 

 というわけで、今年の新入生も含め門下生たちには、今後も人生の各段階に課せられる試練から目をそらさずにしっかり頑張って欲しいと切に願います.

 

 週末土日は福井のハーモニーホールふくいにて開館20周年記念 越のルビー音楽祭スペシャルのリハーサルをさせていただきました.今回は地元福井のピアニスト、竹沢友里さんと初めて共演させていただきます.公演の整理券は7月頃から配布されるようです.とてもユニークなコンサートなので是非ご来場いただければ幸いです.
 
kawamurafumio_20160625

桐朋学園音楽部門 2017年度 夏期講習会のお知らせ

 今年も夏期講習会が近づいてまいりました.今年は7月27日(木)~30日(日)の4日間で、桐朋学園大学音楽学部と桐朋女子高等学校(男女共学)音楽科、そして桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室の夏期講習会のピアノ実技を担当いたします.
 

 下記にそれぞれの講習会の案内が書かれたリンク先を掲載させていただきます.
 
桐朋学園大学音楽学部-夏期講習案内ページ
 
桐朋女子高等学校(男女共学)音楽科-夏期講習案内ページ
 
桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室の夏期講習会 in 調布
 
※全国の子供のための音楽教室在室生が参加できます
 

高校・大学の会場は今年完成したばかりの仙川新校舎、
地下1階、地上4階で大変めずらしい木造建築です.
toho_senngawa
 

 昨年も多くのお申し込みをいただきましたが、今年も若い学生の皆さんと有意義な時間を共有できることを楽しみにしています.お申し込みは既に始まっておりますのでぜひご検討ください!

とにかく前へ

 ポルタDe’ファツィオリの第1回目のレッスンとプロフェッショナルズオーケストラ多摩「2台のピアノと室内オーケストラの楽しみ」を終えました.いずれもたくさんのスタッフ、共演者の皆さまにお世話になりました.レッスンを受講してくださった方々、来場いただいた皆さまにも心から御礼申し上げます.
 

kawamurafumio_20170604 kawamurafumio_20170611a kawamurafumio_20170611b
 

 ところで、今回のコンサートはすべての作品が僕にとって初のお披露目でした.初めて弾く曲の本番はいくつになっても怖いものです ― もっとも、長く演奏している作品にもそれぞれに 「ままならなさ」 はあるのですが ― 初めての曲を披露する時のそれは格別です.けれども、最近はそうした怖さから逃げたいとはあまり思わなくなりました.
 
 というのも、長くピアニストを続けていくにはいろいろな意味でレパートリーを広げていくことが避けられないのですが、にもかかわらずその怖さから逃げたいなどと思っていること自体がそもそもあべこべであり、まったく割に合わないと確かに気が付いたからです.
 
 少なくとも今の僕にとっては、それは 「長生きはしたいけれども老いの恐怖からは逃れたい」 という悩みに苛まれることと同じくらい無益なことと感じています.少し立ち止まったり、迂回することはあっても、続ける以上はとにかく前へ進む以外に道はないのですから‥むしろ潔く怖さを受けいれて、精一杯を尽くしていくしかないと思うに至りました.
 
 
 今にしてみれば、20代が辛かったのは自分の中にそうした覚悟が足りなかったことが原因の一つかもしれません.いずれにせよこれからは、より前向きに、一層精進しようと思います.

6/4(日)ポルタDe’ファツィオリ 公開レッスンのご案内

 来る6月4日(日)、美浜町生涯学習センターなびあすにて開催されるポルタDe’ファツィオリ 公開レッスンの詳細が決まりましたのでご案内致します.レッスンの見学はすべて無料です.近隣の方はぜひお気軽にお越しください.
 

20170604
 

 尚、今年度のポルタDe’ファツィオリは、10名程度の募集に対し、県内外から3倍以上の方々がお申込みくださいました.選考で選ばれなかった方々のために、2018年の1月に特別レッスンを予定しております.こちらのお申込み詳細は決まり次第、ウェブサイト上でも告知させていただきます.

桐朋学園大学附属 子供のための音楽教室 仙台教室

 先週末は今年度はじめての仙台出張でした.写真は仙台駅.
 
kawamurafumio_20170527a
 

 先のエントリーでご案内したJ&プレクラスコンサートは、講師の先生方がさまざまな工夫を凝らしてくださったおかげで盛況だったようです.ご来場いただいた皆さま有り難うございました.

 

演奏以外にもピアノの解体ショーがあったり風船が出てきたり‥
あまりにも素直な子どもの反応に思わずドキッとする場面も、、笑
 
kawamurafumio_20170527b kawamurafumio_20170527c kawamuafumio_20170527d
 
 

コンサートの前後には各グレード別のソルフェージュクラスをはじめ、合唱、弦楽アンサンブル等、
教室の授業のほぼすべてを見学させていただきました(下の写真はほんの一部です).
 
kawamurafumio_20170527e kawamurafumio_20170527f kawamurafumio_20170527g
 
kawamurafumio_20170527h kawamurafumio_20170527i kawamurafumio_20170527j

 

 仙台教室は桐朋学園の先駆けとなった子供のための音楽教室の中でももっとも歴史のある教室の一つです.今回、さまざまなレヴェルの生徒たちに柔軟に対応される先生方の熱心な指導ぶりを見て、時代を越えて受け継がれている桐朋の音楽教育の伝統を確かに感じ取ることができました.
 
 歴代の諸先生方には遠く及びませんが、教室長として、今の自分にできる精一杯の務めを果たせるよう全力を尽くす所存です.また、音楽を渇望する未来ある子どもたちや、彼らに惜しみなくエネルギーを注がれる素晴らしい先生方と共に音楽を学べることに心から感謝をしたいと思います.
 
 今後ともどうぞ宜しくお願いいたします.

桐朋学園大学 2017年度オープンキャンパス

 5月21日(日)に行われた桐朋学園大学 2017年度オープンキャンパスが無事に終了いたしました.400名を超える来場者で調布キャンパスはかつて見たことのないほど大賑わいでした.
 
 高校・大学それぞれの特色やカリキュラム等を知っていただく説明会のほか、在学生による室内楽やソロ・ピアノのコンサート、教員による公開レッスンなど、音大ならではの企画が多く設けられました.
 

キャンパス内で行われた弦楽四重奏とピアノコンサート.
ほんとうに美しい演奏で仕事を忘れそうになりました‥
 
kawamurafumio_20170521a kawamurafumio_20170521b
 

こちらはピアノの公開レッスンの様子.
来場いただいた皆さま、有り難うございました.
 
kawamurafumio_20170521c kawamurafumio_20170521d
 

 尚、6/11(日)に行われる 朝日新聞・音楽大学体験フェアには桐朋学園も参加します.今回のオープンキャンパスに来られなかった方にお勧めです.こちらはご紹介まで.

プロフェッショナルズオーケストラ多摩 2台のピアノと室内オーケストラの楽しみのご案内

 先日、エキスパートレッスン 2017′ vol. 4~6のお申込みについてご案内をさせていただきましたが、主催者から既にキャンセル待ちの方がたくさんいらっしゃると伺いました.8月にはレッスンを継続受講してくださっている方々の発表会もありますので、こちらにエントリーしている方で6~7月のレッスンが受けられない方の対応は今後考えて参りたいと思います.しばらくお時間をいただければ幸いです.
 

 さて、2週間後に迫っている2台ピアノと室内オーケストラの公演のご案内をさせて頂きます.ピアニストの村本麻里子さんは今回が初共演で、指揮の野崎知之先生は以前にシューマンのピアノコンチェルトで共演させていただきました.今回はオフィシャルウェブサイトから、或いは僕に直接お申込み頂ければ団体料金(割引)でチケットをご用意いたしますので、ご来場いただけるかたはぜひお早めにご連絡ください.
 

プロフェッショナルズオーケストラ多摩~2台のピアノと室内オーケストラの楽しみ
 
2017年6月11日(日)14時00分開演
会場:ルネこだいら小平市民文化会館 中ホール
曲目:モーツァルト / 2台ピアノのためのソナタ ニ長調 K. 448
ショパン / 2台ピアノのためのロンド ハ長調 op. 23
サンサーンス / 動物の謝肉祭
 
ピアノ: 川村文雄,村本麻里子
管弦楽: プロフェッショナルズオーケストラ多摩
指揮又コントラバス: 野崎知之入場料一般3,000円 全席自由 団体2,500円(4名様以上 前売り)
 
20170611a 20170611b
 

それでは当日、皆さまのお越しを心よりお待ちしております.