Latest Publications

徳島田園コンサート

先日の twitter にも書きましたが、最近は音楽をしながら自分が何かの
架け橋になっているように思える時が一番幸せだと感じるようになりました.
 

それはある意味で、音楽をすることに対し昔のような特別感が無くなってきたということ ─
もちろん僕にとってクラシック音楽というのは常に新しい発見の連続で、それ自体が
自分の人生を変えてしまうほど大きな存在であることには違いありません.
 
けれども音楽を伝えていく自身はというと、以前に比べて欲や執着といったものが
どこか希薄になってきている.少なくとも一般的に抱かれる音楽家のイメージからは
程遠いなと自分でも思います.もっとも少々浮世離れした生活をしている自覚は
ありますが、それは望んでそうしているわけではなく、やむを得ないことです.
 
正直に書くと、学生の頃はピアノを弾いている自分をどこか 「他人とは違う」 と
思いたかったし、実際にそう思いながら演奏をしていたのだろうと感じます.
そうした虚栄心の代償は決して小さくはなかったのですが、それも若気の至りで、
今となっては大なり小なり多くのプレイヤーがいずれは経験することだと考えています.

 

さて、僕が初めて徳島に訪れたのは今から15年前.さらに、ご縁から田園コンサートに
年1,2度ほど出演させて頂くようになって今年で11年になります.今では聴きに来られる方の
多くがほとんど顔なじみでもあるので、演奏会で再会できることが本当に嬉しいです.
 
冒頭にも書いたように、僕は僕で勉強を重ねて少しでも良い音楽を届けたいと思う.
けれどもそれは一方的な奉仕ではない、実際、生の音楽というのは会場の皆さんと共に
分かち合うもの.そろそろ僕も自分の理想の演奏を追求するのは普段の生活の中に留め、
人前に立つときには、聴きにいらした方々と共に、皆で一緒に作品を愉しみたい‥
長いのか短いのかわかりませんが、年月を重ねるうちにそんな心境になってきました.
 
当然ながら演奏会の規模や内容によってはそうもいかないこともたくさんありますが、
僕にとってこの音楽会はほんとうに安心して弾くことのできる心の故郷のようなものです.
こうして音楽をする愉しみを再認識させてくれる場があることに改めて感謝しています.

 
 

今回もお天気に恵まれ、公演の前後には両親やスタッフ等とドライブをしました.
“秘境” と呼ばれる祖谷にも初めて足を運び、大自然を満喫.ちなみに
かずら橋は僕は全然恐くありませんでした、むしろ楽しかったです.
 
kawamurafumio_20141115kawamurafumio_20141116akawaurafumio_20141116b

kawamurafumio_20141116ckawamurafumio_20141116dkawamurafumio_20141116e

kawamurafumio_20141116e

 
 
 

休みの日

随分むかしのことになりますが、 『忙』 という漢字が 「心」 と 「亡」 から
できていると知ってから、私は自分に対して 「忙しい」 という表現を極力使わない
ようにしています ─ 普段なにげなく使用している言葉の影響は計り知れませんので‥
 
それにしても今年度はやることが多すぎました ─ もっとも私よりもたくさん働いている人は
いらっしゃると思いますが 、 「忙しい」 がまるで自分の代名詞のようになってしまった.
今にしてみれば、5月と9月から秋口にかけては限界を超えていたような気がします.
 
その間、ブログやウェブサイトがサーバーごと消失するという出来事がありましたが、
怪我の功名で、今はそれが結果的にある種の浄化と解放をもたらしたと思っています.
 
ちなみに新ホームページは友人とその友人の友人の方のご協力を得て、
ほぼ全面的にリニューアルし、スケジュールの詳細もこちらへ移行致しました.
携帯やスマートホンからも自動的に見やすい形に変換されるそうです.
さて、本題ですが、最近になってまた月に2日ほどオフに近い週末を過ごす
ことができるようになり、改めて考えました.それは休みの日の過ごし方です.
 

10代や20代というのはある意味で足し算の人生でもありますから、
休みだろうがなんだろうが、デートをしたり友達とワイワイ遊べば良い.
まぁ人と会わなくても映画を観に行ったり家で一人で本に読み耽るのもいい ─
それで身も心もリフレッシュできる、自分も通ってきたとはいえ、羨ましい限りです.
 
でも、私のような30代半ばともなると休みはまず身体を休めるためにあって、
それができた後は、仕事で飽和状態になった頭の中を整理していきます.
残すべきものは残す、そうでないものはできる限り意識の外に置く‥
むずかしい書き方をしていますが、要はお掃除のようなものです.
 
ちなみに昨日はレッスン最小限の日 ─ 午前中をだらだらと過ごし、
午後はゆっくり時間をかけて料理をしたり散歩がてら普段は行かない
洋菓子屋に足を運び、さすがに寒くて庭仕事はしませんでしたが‥
他愛のない時間を挟みながら意識的に心身を適切な状態に戻しました.
 
そうすると、不思議とまた響きがスッと身体に入ってくるようになります.
音楽の響きだけではありません.鳥のさえずりや川のせせらぎが、まさしく
鳥のさえずり、川のせせらぎとしてごく自然に、あるがままに感じられる.
 

無論、休みの日の過ごし方は人それぞれあって良いと思いますが、
古い友人曰く、 「休みの日には心を静かに、欲や自我を捨て去って
過ごせば自身にとって本当に大切なものが見えてくる」 のだそうです.
 

なるほどそうかもしれませんね、そこまで達観できるかどうかは別として、、汗

 
 

先月、家の用事で京都へ出向いた時の写真.でも一枚だけ京都じゃないものが‥
kawamurafumio_20141018 kawamurafumio_20141019 kawamurafumio_20141025

 
どれだかわかりましたか?

 

 

リサイタルを終えて

最近つくづく思うのですが、「一日」 は朝から夜までやるべきことがたくさんあって
とても長く感じるのに、「一週間」 はどういうわけかあっという間に過ぎてしまう‥
昔はそんなふうに感じたことがあまりなかったのでやや戸惑ってしまいます.
 

というわけで、ようやくコンサートを振り返る時間ができました.
 
先のリサイタル@パレア若狭にいらしてくださった皆さま本当に有り難うございました.
また、今回もミュージックフレンズのスタッフの方々をはじめ、多くの関係者の
ご協力を頂き、コンサートを終えることができました.改めて心より感謝申し上げます.
 

さて、私事になりますが、20代の終わりから本格的な教育活動を始めて早7年 ─
この間にはさまざまな出来事がありましたが、10代から20代にかけての
それと比べると、さほどドラマティックなものではなかったようにも思います.
 
しかしながら、いろいろな意味で 「音楽観」 は一変しました.
中でもとりわけ2つの点において、明確な変化が起きたことを実感しています.
 

1つは作品そのものをさまざまな角度から捉えたり、俯瞰するようになったこと.
それは、当然ながら、演奏にも少なからず影響を及ぼしていると思います.
 
今から思えば私は10〜20代は、音楽の内容を深く感じ取ることよりも
ピアノをいかに上手く弾きこなすかということに意気込んでいました.
それは決して多くはない過去の演奏の記録からも明らかです.
 
ちなみに私は自分の演奏を録ることやそれを聴くことには興味がありません.
いや、厳密には興味はあるのですが、いかなる文明の利器を以てしても、
「幾ばくも無いうちに自身の演奏を客観的に聴く」 ということが私には
どうしてもできないからです.けれども5年、10年と月日が経つと、
「あの頃はこんな風に感じていたのかしら‥」 と思うことはあります.
 
話を戻しますが、無論、技術的・精神的な基礎や土台がしっかり構築されていなければ、
作品を多角的に見ることがかえって演奏の方向性や具体性を損ねてしまうことも
起こり得ます.ただ、まっとうな鍛練を重ねていく中で、音楽に対する自身の
寛容性・柔軟性を意識的に認めることができなければ、真の意味での演奏の
愉しみや奥深さを知ることも難しくなるだろうと考えるようになりました.
 
誤解のないように書きますが、もちろんこれらは少なくとも一生をかけて
音楽の道を真剣に志していくことが前提での話であって一般論ではありません.
 

そして2つ目は、「自分」 から 「他者」 へと音楽をする目的がシフトしてきたことです.
まだ完全に言い切れるほどではありませんが、日々よく感じるのは、音楽家としての
自身の務めです.それは 「人」 があってこそで、聴衆がいて、教え子がいて、
家族や理解者がいて‥もしかすると、すでに亡くなっている作曲家や
かつて私とかかわりのあった人たちもそこに含まれているかもしれません.
 

もっとも、自分という軸がなければ他者まで気が回らないというのも
また真実ではありますが、仮に音楽以外のことであっても、自身が生きてきて
培った何かを他者へ還元できるということは人としての大きな歓びに違いありません.

 
あぁ、もう本当に、いよいよ大人びてきたなと感じます、、苦笑

 
 
kawamurafumio_20140921a kawamurafumio_20140921b kawamurafumio_20140921c

kawamurafumio_20140921d kawamurafumio_20140921e

kawamurafumio_20140922a kawamurafumio_20140922b

 

 

ペダルのこと、演奏のこと

「先生、ここのペダルはどうしたら良いですか?」
 
素朴で真っすぐな質問というのは時に指導者を悩ませるもので、ペダルの
使い方についてこのように事もなげに尋ねられると未だに動揺を隠せず、
つい呆気にとられた風を装って濁してしまいたい気持ちに駆られるのですが、
ともかくペダリングというものは、装飾音やヘアピン(松葉<>)と同じく、
そのためにまるまる一冊の専門書が書かれてしまうほど奥が深いのです.
 
幸いなことに、今はそうした参考書や文献が簡単に手に入る時代ですから、
どうぞご自身でそれらを読んで勉強されてください.はい、以上です.
 

‥と実際に言ったら怒られそうなので、ペダルの役割について少しだけ
掻い摘んで、そこから現代のピアノを弾く際の注意点や演奏解釈の
問題に対して僕が自らの経験から感じていることを書き綴ろうと思います.
 

先にお断りしておかないといけませんが、ここではソステヌートペダル
には触れず、ダンパーペダルとソフトペダルのみについて書きます.
それから、簡潔に書くつもりですが、ちょっと長くなるかもしれません、、汗
 

よく知られているように現在のピアノにはペダルというものがあります.
おそらくもっとも多く使われるのは右端にあるダンパーペダルですが、
左端のソフトペダル(ウナ・コルダ)も個人的にはとても重宝しています.
 
ただ、ソフトペダルの使用に関して、後から述べますが、それに頼るのは
プレイヤーの甘えであるというストイックな考え方や、そもそもウナ・コルダの
意味をよく知らないまま、使うべきか使わずにおくべきかを悩んでいる方が
少なくないことも事実です.前者については部分的に共有できる所はあるものの、
後者については、厳しいけれども、僕は彼らの勉強不足だと考えています.
 

さて、ダンパーペダルを使用する利点は、なんといっても打鍵後の響きが
解放されることにより、倍音が豊かになり、そこから得られる美しいレガートと
ハーモニックなアプローチにピアノならではの無限のグラデーションを与えられる
ことだと思います.ただし、いずれも音楽理論を無視して縦軸・横軸のダイナミクス
を誤ると、不快な響きが生じ、結果的に楽曲のシステムの崩壊を招く恐れもあります.
 
また、ダンパーペダルは使用するタイミングが的確でないとその効力を十分に
発揮できないばかりか、思わぬ事故を起こすこともあります.音を鳴らす前から
ダンパーを上げた状態にしておくのか、それとも弾いた後からキーを押さえた状態で
ペダルを踏み込むのか ─ おそらく実際の演奏でもっとも多く使われるのは鍵盤を
沈めるのとほぼ同時にオンにするケースかと思います.ただ、これもいわゆる
シンコペートペダルで踏み替える場合には、そのポイントを旋律、拍子、和声といった
基本要素を総合的に判断しなければならないため、踏み替えのタイミングは頻度と
共にさらに複雑になります.僕の演奏を間近でご覧になった方だとわかって頂けると
思いますがダンパーペダルを扱う右足は演奏している間は絶えず小刻みに痙攣している
ような動きになることも日常的なことです.緊張して足が震えているわけではありません.
 
さらに、その動作の物理的要因の一つでもあり、今日の楽器で古典から近・現代の
作品を演奏する際に欠かせないテクニックとして、ペダルの深さをコントロールする
ということが挙げられます.当然ながら、ベートーヴェンとショパンとドビュッシーは
みな同じ楽器で作曲していたわけではありません.どの作曲家も当時のペダルを
使いこなしていたとは思いますが、それぞれの時代の楽器のポテンシャルを考えれば、
ダンパーペダルを「踏むか踏まないか」という単純な二分法で取り決める手段には
あまりにも無理があると言わざるを得ません.さらに言えば、現代の素晴らしく
大きな音の出るグランドピアノでもそれぞれ個体差があり、気候やホール等の条件に
よって、そして、もちろん演奏者のコンディションよっても常に「音」は変動します.
 
ですのでダンパーペダルの深さはあくまでケースバイケース、今の僕自身は、
たとえ状態の芳しくないピアノであってもダンパーペダルの深さは少なくとも5段階、
やや先回りをしてしまいますが、ソフトペダルも3段階くらいは踏み分けています.
極論を言えば、ペダルはなければないなりの演奏はします(ピアニストは楽器を
選べませんから).しかし、あるものであれば、出来る限りを尽くしてより良い
パフォーマンスに繋げるのがプレイヤーとしての最低限の仕事だと思っています.
 

ところで、ここからが本題です‥すみません、いつも前置きが長くて.
 

以前からも感じていましたが、今でもレッスンをしていてソフトペダルを使うことに
抵抗 ─ どこか後ろめたさのようなものを感じている方が意外にも多いということに
改めて驚いています.そして大半の方が、「ソフトペダルは音を小さくするためのもの」と
捉えていることもわかりました.けれどもそれはあまりにも短絡的な発想で、その小さな
誤解が元で演奏解釈に齟齬をきたす可能性は十分に考えられると危惧しています.
 
僕は仮に楽譜にフォルテ( f )と書かれている部分であっても条件や状況によって
ソフトペダルを使用することがありますし、センプレ・ピアニッシモ( semple pp )と
指示された急速なパッセージの中で響きの陰影を作る目的で瞬間的にウナ・コルダ
(この場合は例えるならばドゥエ・コルデと表記したほうがニュアンス的には
伝わりやすいと思います)にすることに対してなんのためらいもありません.
つまり、ソフトペダルというのは分かりやすく言うと音色を変えるためのペダルです.
 

前置きにも触れたように、そもそもの作曲家の時代の楽器と現代のピアノは構造や
性能が異なるため、ダンパーペダルしかり、ソフトペダルしかりで、ペダリングは決して
類型的な踏み方で解決できるものではないのです.楽譜に記されている、或いは
記されていない作曲家のペダリングに関する表記や編集者の提案に対して
必要以上に厳格にそれに従うということは、今、ここで生の音で音楽を
再現するという醍醐味を放棄するに等しいことと僕は考えています.
 
もっとも作曲家のペダリングが誤っていたわけではありませんし、議論になりやすい
ショパンのアスタリク(*)でさえも、編集段階のミスでなければ、そこには
やはりなにがしかの意図はあったのだと思います.一方で、武満徹のように
作曲家自身の、信じ難いほど緻密に計算されたペダリングが整然と記されている
場合もあります.しかしながら、それでも完璧ではありません.なぜなら本当に
理想的なペダリングは実際に弾いた音を聞かずして決定することは不可能だからです.
これが、「ペダルは(足ではなく)耳で踏むもの」と言われる所以です.
 

ここで一つ例を挙げて説明したいと思います.
 
ベートーヴェンのピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 op.27-2
「月光」の愛称で親しまれているこのソナタの第1楽章の冒頭には作曲家自身
によってsenza sordino というペダルについての指示が記されています.
senza は 「~なしで」、sordino は弦や管楽器などでは「弱音器」を表します.
 
ここで、この楽語をそのまま「弱音器なしで→ソフトペダルを使ってはいけない」と
誤解してしまう方がいたとします.おそらくそれは単なる無知によるもので、
完全に間違った解釈です.というのも、これはベートーヴェンの時代の楽器を
知っていればこの senza sordino が音を解放する、つまり、ダンパーペダルを
使うために書かれたものであるということがすぐに識別できるからです.
 
ただ、それよりも僕がここでより深刻な問題と感じているのは、仮にそのような
知識の無さから起こる勘違い(僕にもたくさんありますが‥)があったにせよ、
他の楽語・楽章・作品・ベートーヴェンやその周辺といった諸々をふまえたうえで
実際にこの第1楽章を演奏してみた時、「そうだなぁ、ここはちょっとソフトペダルを
使ってみようかしら‥」という試行がなされないことです.陰鬱で極めて内向的な
バスの通奏低音、苦しげでどんよりとした三連符のアルペジオをキラキラした
クリアなサウンドで弾きながら違和感を感じないということに演奏解釈に
おける本質的な、かつ根の深い問題が横行しているように感じます.

 

そして、それは何もペダルに限ったことではありません.
 
僕が尊敬しお付き合いをさせて頂いている指揮者や作曲家の方々は異口同音に
「楽譜は決してパーフェクトではない」、「記号や楽語は音楽そのものではない」と
仰っています ─ 無論、楽譜というものが極めて合理的で、素晴らしい発明品であると
認めた上でです.ここに書くまでもなく楽譜はクラシック音楽の発展に大いに貢献しました.
現在でも学問的正当性や中立性を重視した版はもとより、同じクラシックの作品でも
興味深い解釈版が次々に出版され、さらにそれらは度々改訂されていると聞きます.
 

しかしながら、たとえ僕のような奏者の端くれでも、どんなに優れた楽譜をもって
しても作曲家の想いが100%伝えられているものはあり得ないということを日々ひしひしと
感じますし、さまざまな条件や状況を考慮したうえで臨機応変に対処する柔軟性を
排除してまで「正しい演奏」に拘る姿勢には疑問を抱かずにはいられません.
 

ペダリングの問題は特にデリケートなのでさまざまな意見があって良いのですが、
少なくともピアノを演奏するという行為があらゆる想像力やセンスの問われる極めて
高度で骨の折れる作業であることを忘れてはいけないと思います(それはペダル
一つをとっても、検討を重ねていくうちにやがてそれがペダルだけの問題では
済まされなくなることからも明らかです).作曲家の動機や思惑、音楽理論的な約束事、
そして響きの原理‥そういったものが有機的に絡んだ結果が音楽であり、本来はたった
一音を鳴らすことだけでもプレイヤーにとっては決して易しいことではないのです.
 

話を戻しますが、参考までに、僕自身がどのようにして今のペダリングを習得したか
というと、初めは10代後半に響きを徹底的に聞き分けることからスタートしました.
こうして言葉で伝えることは簡単ですが、感覚的に実感を伴うまでになって、
いわゆる打鍵後の残響を聞くことがいかに集中力を要するものであるかが確かに
わかりました.それから、ショパンのノクターンとドビュッシーのプレリュードで
具体的な響きの追いかけ方や混ぜ方などを手と耳を使って慎重に学び、4,5年ほど
かけて概ね今の感覚に近い手ごたえを得る事ができました.おもしろいことに、
足の使い方をあれこれ工夫をした覚えはまありません、だからレッスンでも
その部分の説明に関しては完全にお手上げになってしまうですが‥

 

いずれにしろ、演奏するうえで大切なことは常に「音をつくる」という原点に
立ち返ることだと思います.そのためには、さまざまな音楽を知ることはもちろん、
たくさんの本を読んだり、自然に触れたり、いろいろな人たちと交流したり‥
そうしたどこか原始的な活動の中から自身の想像力や感受性を育み、
この変化に富んだ世界を心から楽しめるようになることです.

 

 

今は福井に帰省しています.家の法事ですが、思ったよりも寛げています.
水不足で痩せてしまったアマガエルに狂い咲きのフジ、鮎釣りは今が最盛期.

 

kawamurafumio_20140802a kawamurafumio_20140802b kawamurafumio_20140802c

 

 

誕生日に寄せて

本日、36歳の誕生日を迎えることができました.
いつも応援してくださっている皆さま、有り難うございます.
 
これで干支を3周したことになりますから、あと2周するといよいよ還暦です.
少し気の早い話かもしれませんが、24歳からここに至るまでが短かかったので、
48歳まではきっとあっという間、そこから60歳までは目にもとまらぬ速さでしょう‥
いやしかしこれでは困りますねぇ、まだまだやりたいことがたくさんありますし.
 

‥と、独りで妄想して悩んでみました.
 

冗談はさておき、ライフワークである音楽は新たな局面を迎えつつあるように思います.
ソナタ形式に例えると提示部が終わって展開部に差し掛かったといったところでしょうか─
さまざまなアイディアに心が湧きながらも、それらを有機的に生かすため暗中模索する日々.
 
大変なこともありますが、これからも音楽家としてていねいな 仕事をすること、
そして、少しでも今の自分を越えられるよう精進を重ねていく所存です.

 

今後ともどうか宜しくお願い致します.

 

カモの行水.これだけ暑いと水に入るのを嫌がる子も多いのですが、元気ですね‥
 
awamurafumio_20140722a kawamurafumio_20140722b kawamurafumio_20140722c

 
 

年齢がよくわからない

ようやく大学の前期実技試験が終わりました.
 
桐朋学園に勤めてかれこれ7年になりますが、高校1年生から大学3年生まで
(大学4年の前期試験はありません)、副科ピアノも含め全学年の試験を聴くのは
なかなかどうして体力が要ります.また、先週の土日はピティナ・ピアノコンペティション
G級の審査も務めたので、この一週間は朝から夕刻まで分刻みでとにかく忙しかったです.
 
試験や審査以外の時間にはチェロやバソンとの打ち合わせに指揮法、楽曲分析の勉強、
代奏をさせて頂くオーケストラの練習やソルフェージュの補講に見学で参加したりしました.
庭仕事ができないのは少し残念ですが、学ぶことがたくさんあり、お蔭様で充実しています.
 

ところで、30歳を過ぎていよいよ年齢というものがよくわからなくなってきました.
こう言っちゃなんですが、普段からあまり気にしていないというか、ぶちあけ興味がない─
アラフォーだし37歳か38歳か、まぁそこらへんなんだろうくらいにしか思っていない.
 
そんなところへ今日、生徒がくれたバースデーカードをよくよく見ていたら、
” Happy Birthday 36 ! ” とあって、思わず 「さんじゅうろくぅ?」 と叫んでしまいました.
 

ということは私は今はまだ35歳なんですね、なんだかとても不思議な気分です‥

 

初旬に従兄弟の結婚式で帰省しました、福井にカエル.
 
awamurafumio_20140705a kawamurafumio_20140705b

 
 

京の都

昨日は桐朋学園大学附属の京都教室へ日帰りでレッスンに参りました.
 
京の都は「はんなり」という言葉にふさわしく明るくて、でもどこか控え目で、
私の住んでいる東京とは何から何まで違っているように感じました.
 

それにしてもピアノを教えるということは実に奥深く、また格別にむつかしい.
ましてや限られた時間ともなれば、さまざまな焦りからこちらの価値観を一方的に
押し付けがちになる.けれども、本当は一つでもいいから相手の気づきを促すような
響きやアドヴァイスを与えられることのほうがより大切なのではないかとも考えています.
 

束の間ですが、忙しない環境から離れて自分を見つめ直す機会にもなりました.
 
kawamurafumio_20140622a kawamurafumio_20140622b kawamurafumio_20140622c

 

京都教室の先生方、有り難うございました.

 
 

大野ピアノメソッドマスタークラス

先週末、特別講師を務める大野ピアノメソッドにてマスタークラスを開催致しました.
 
私が書くのはおこがましいのですが、受講生の方々はすでに洗練された
奏法や響きに対する豊かな感性を身につけておられるので(もっともそこに至る
までには並みの努力で越えられないハードルもあったと存じます)、アドヴァイスする
傍からみるみる音が熟れていく様は実に感動的でした.良き音楽は良き耳から生まれる─
このことを肝に銘じて今後も精進します.講師の先生方、一日本当に有り難うございました.
 

kawamurafumio_20140614a kawamurafumio_20140614b kawamurafumio_20140614c
 

<追記>
お蔭さまでブログを再開することができました.
今後ともどうぞ宜しくお願い致します.