随想(4)プラハ ― 音楽との関わり方

 おかげさまで、昨夜遅く無事に日本に帰国することができました.プラハを経つ直前には思いがけず風邪をこじらせましたが、怪我の功名で、今のところ時差ボケはなさそうです.
 

 さて、プラハの思い出は書ききれないほどたくさんありますが、今回のもっとも大きな収穫はと聞かれれば、真っ先に良き理解者との出逢いを挙げたいと思います.それは師匠といった類のものではなく、呑み友達、もとい、旧知の友人といった感覚で、一つ話せば十を理解してくださるような方でした.
 
 ちなみにお話した内容は、プラハで新たに学んだというより元からあった自身のポリシーに関連するものが中心でしたが、異国でそれらを分かち合えたことは、僕にとってとても心強く感じられました.また、対話を重ねていく中で再認識できたこともあったので、以下にまとめて書き記しておこうと思います.
 

 3年前のエントリー「なぜ音楽をするのか」でも似たようなことに触れましたが、自身の気持ちに素直に書くと、僕は音楽をすることによって世俗的な幸福を手に入れようと躍起になること、もっと卑近な例でいうと「集中力がつく」、「頭がよくなる」、「コミュニケーション力がアップする」といった実利を安易に求める価値観には積極的に賛同しません.なぜなら、それらはあくまで副次的なものにすぎないからです.音楽を通して音楽そのもので満たされるというより、それを利用して何か別の目的を果たすことが主題になってしまう ― そもそも、そのような「取引」をするのであれば、もっと効率の良いものがあるのではないかとさえ思います.
 
 しかしながら、残念なことに、僕が音楽教育に携わるようになってこの10年余りの間に、音楽を学ぶという行為が上記のような目的を達成するための「手段」として捉えられる傾向がますます強くなってきているように感じます.そうなれば、もはや音楽を学ぶために必要な努力や時間、費用といったものが、コンクールの成果や社会的成功(地位や経済的報酬)を回収するための「投資」になってしまうことは自明で、結果的に音楽難民 ― 自身の中にある音楽を見つけられないまま彷徨ってしまうという意味の造語 ― を増やしてしまうのではないかと危惧しています.
 
 ただ、誤解をされるといけないので補足しますが、僕は決して「音楽で何かを目指すことが悪い」と言っているのではありません.(みんなが参加しているからではなく)自己の向上のためにコンクールにチャレンジすることは後々の糧になり得ます.また、演奏のスキルを身に付けるために(周囲から見られる自分にとってのプラスアルファではなく)本質を学ぶ ― この場合は「本来の役割」という意味 ― に値する専門機関や指導者の下で研鑽を積むことが有益であることは言うまでもありません.
 
 それに付随して述べると、「音楽との関わり方」が人によってさまざまだということは重々承知をしています.僕は「これが正しい音楽だ」とか、「自身のやっていることこそ本物でそれ以外は間違いだ」といったことは考えたこともありませんし、既に述べましたが、あくまで否定ではなく、それらに一定の理解を持ちつつも、積極的に賛同しないというスタンスです.これは音楽以外のシーンでも常に気を付けていることなので、くどいようですがあえて書かせていただきます.
 

 また、現代社会における音楽家と社会との関わり方についても(文集 もぐら 『音楽家からのメッセージ』 より を参照)、いろいろお話をさせていただきました.これもまた、言ってみれば「人の数だけある」ということですが、音楽家も日々、成長や後退を繰り返しながら変化をしていくので、今の僕にとっては社会とのかかわり方も常に試行錯誤の連続です.少なくとも音楽を続ける限りは一生ついて回る答えのないテーマだとも今は思っています.
 

 そして、今回もっとも強く共感したことを書いて今回のプラハの随想を終わりにしたいと思います.それは、日頃から自身が「何になりたいか」ではなく「何ができるのか」をよく見極めること.そして、(他者だけでなく)自身の心をきめ細かく観察し、その機微を察することです.容易なことでないことはわかっていますが、この先、あとに続く世代の教え子たちにそれを少しでも伝えられるよう精進したいと思います.
 

 最後になりましたが、言葉で言い尽くせないほどの有意義な時間を与えてくれたプラハの日々、スタッフ・受講生の皆さん、そして良き出逢いに心から感謝しています.有り難うございました.

 

ほぼ毎日通ったトラムの駅前、スターバックスもありました.

kawamurafumio_20180818a

 

旧市街の広場の一角を上から見下ろした写真

kawamurafumio_20180818b

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

3 Comments »

 
  • k-k より:

    お か え り ♪

  • Aya より:

    川村さん、お帰りなさい♪

    長旅お疲れさまでした!
    もう東京ですから「こちらは今、夜の7時台です」とか書かなくても大丈夫ですね(笑)。
    時差ボケも無いようで良かったです。

    お風邪をこじらせたとのこと、調子はいかがですか?

    プラハでも沢山の思い出が出来たご様子ですね。
    その中で人との出会いも貴重でしたね。
    自分の考えや気持ちをありのまま受け止めてくれて共感してくれる人、「自分も同じ考えや気持ちですよ」と理解を示してくれる人、そんな人の出会いって人生の中でそうそうあるわけではないと思うので、とても素晴らしいことだと思います。

    過去のエントリーも改めて読ませて頂きました。
    川村さんはしっかりとした考えを持っていて、そして、「音楽家になった」のではなく「音楽家として生きている」のだなぁと、これも改めて思いました^^
    とても尊敬します。
    これからもそんな川村さんでいてください。アヤ

  • 小林創 より:

    ご無沙汰しております!
    プラハいつか行ってみたい街です!

 

コメントを残す

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">